Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA仙台装う迷惑メールが送信 - スナック菓子の情報サイトが踏み台に

仙台農業協同組合を装ったなりすましメールが送信されているとして、同組合が注意喚起を行った。

同組合によれば、6月13日ごろから同組合のドメインを使用したなりすましメールが出回っていることを確認しているという。

宮城県産の大豆を使用したスナック菓子「仙大豆」を紹介するウェブサイトのウェブサーバが、スパム送信の原因になったとして、同サーバを停止した。

同組合では、心当たりのないメールを受信した場合は、添付ファイルやURLを開封せずメールを削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
千葉大が迷惑メールの踏み台に - ホスティング事業者の通知で発覚
セミナー事務局のメルアカからスパム送信、原因を調査 - 広島県
国内でも被害発生、「ColdFusion」の既知脆弱性狙う攻撃
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
Barracuda ESGの侵害、中国関与か - スパム装いゼロデイ攻撃を隠蔽