Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA仙台装う迷惑メールが送信 - スナック菓子の情報サイトが踏み台に

仙台農業協同組合を装ったなりすましメールが送信されているとして、同組合が注意喚起を行った。

同組合によれば、6月13日ごろから同組合のドメインを使用したなりすましメールが出回っていることを確認しているという。

宮城県産の大豆を使用したスナック菓子「仙大豆」を紹介するウェブサイトのウェブサーバが、スパム送信の原因になったとして、同サーバを停止した。

同組合では、心当たりのないメールを受信した場合は、添付ファイルやURLを開封せずメールを削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター