Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

撮影サービスで別の顧客写真が閲覧可能に - 東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾート内で撮影された来園者の一部画像データが、関係ない別の来園者によって閲覧される不具合が発生した。

20190627_ol_001.jpg
文字列が印字されたフォトキーカードの裏面(画像:オリエンタルランド)

同パークを運営するオリエンタルランドによれば、同パークでカメラマンが、キャラクターなどと来園者を撮影し、インターネットで写真を販売するサービス「東京ディズニーリゾート・オンラインフォト」において、異なる顧客の画像データを閲覧できる不具合が発生したもの。

同サービスへのアクセスは、同サービス用に配布される「フォトキーカード」に記載された16桁の文字列を利用するが、文字列が重複したカードを委託先が作成、納入し、来園者へ配布してしまったという。

本人以外の来園者から閲覧できる状態にあった画像データは、6月7日から同月24日にかけて「フォトキーカード」をパーク内で受け取った顧客のうち、アクセスナンバーが重複するカード7438枚と紐付いた画像データ。

(Security NEXT - 2019/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も