Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

撮影サービスで別の顧客写真が閲覧可能に - 東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾート内で撮影された来園者の一部画像データが、関係ない別の来園者によって閲覧される不具合が発生した。

20190627_ol_001.jpg
文字列が印字されたフォトキーカードの裏面(画像:オリエンタルランド)

同パークを運営するオリエンタルランドによれば、同パークでカメラマンが、キャラクターなどと来園者を撮影し、インターネットで写真を販売するサービス「東京ディズニーリゾート・オンラインフォト」において、異なる顧客の画像データを閲覧できる不具合が発生したもの。

同サービスへのアクセスは、同サービス用に配布される「フォトキーカード」に記載された16桁の文字列を利用するが、文字列が重複したカードを委託先が作成、納入し、来園者へ配布してしまったという。

本人以外の来園者から閲覧できる状態にあった画像データは、6月7日から同月24日にかけて「フォトキーカード」をパーク内で受け取った顧客のうち、アクセスナンバーが重複するカード7438枚と紐付いた画像データ。

(Security NEXT - 2019/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大