Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワークの実績を持つ企業や団体を募集 - 総務省

総務省は、テレワークの活用を進めている組織の事例を収集し、すぐれた取り組みを行う組織を表彰する「テレワーク先駆者百選」の募集を開始した。

同取り組みは、テレワークの普及促進に向けて、先行事例の収集と表彰を行うもの。2015年度から実施している。

テレワークによる勤務制度が整っている企業や団体、地方公共団体を「テレワーク先駆者」と認定。そのなかから対象従業員の50%以上または100人以上が実施しているなど、十分な実績がある企業を「テレワーク先駆者百選」と認定して公表している。

2016年度より「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を創設。経営面での成果やICTの利活用、地方創生の取り組みなどを総合的に判断し、「テレワーク先駆者百選」のなかから特に優れた取り組みを表彰している。

募集期間は8月26日まで。指定の様式に必要事項を記入のうえ、事務局に提出する。事務局や外部の有識者による審査を経て、11月に結果を公表する。

(Security NEXT - 2019/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会
3月前半の都内企業のテレワーク導入率は約6割 - 今後導入予定3%未満
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
サイバーセキュリティ月間がスタート - 関連イベントはオンライン中心
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?