Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、パートナーがソースコードをレビューできる施設 - 欧州で2カ所目

Kasperskyは、スペインのマドリードに「Transparency Center」を開設し、運用を開始した。

同施設は、製品の透明性をアピールする「Global Transparency Initiative」の一環として開設したもの。2018年11月に開設したスイスのチューリッヒに続いて欧州で2カ所目。

同施設では、同社製品とセキュリティに関する情報を提供。パートナー企業や政府関係者が、同社製品のソースコードを確認できる。

またエンジニアリング手法やデータ処理手法についてのブリーフィングなども実施する。

(Security NEXT - 2019/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、クラウドの脆弱性にCVE番号を発行 - 透明性確保を目指す
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
「セキュリティ・バイ・デザイン」ガイダンスに新版 - 「AIシステム」も対象
政府が「サイバーセキュリティ2023」を決定 - SBOMを推進、国内製センサーの導入も
サポート担当の業務委託先が侵害被害 - Okta
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実