Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性

熊本ワインが運営するオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、「熊本ワインショッピングサイト」が脆弱性を突かれ、不正アクセスを受けたもの。

決済情報の入力画面が改ざんされて外部サイトが表示され、購入者が入力したクレジットカード情報が詐取された可能性があることが、1月22日に判明した。

流出の可能性があるのは、2018年12月5日から2019年1月30日までに同サイトでカード決済を利用した顧客最大444件のカード情報。カード会員の氏名と住所、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大