Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性

熊本ワインが運営するオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、「熊本ワインショッピングサイト」が脆弱性を突かれ、不正アクセスを受けたもの。

決済情報の入力画面が改ざんされて外部サイトが表示され、購入者が入力したクレジットカード情報が詐取された可能性があることが、1月22日に判明した。

流出の可能性があるのは、2018年12月5日から2019年1月30日までに同サイトでカード決済を利用した顧客最大444件のカード情報。カード会員の氏名と住所、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市