Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業のセキュリティ強化に向けて実証事業 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、「中小企業向けサイバーセキュリティ事後対応支援実証事業(サイバーセキュリティお助け隊)」について、事業内容の公開した。

同事業は、中小企業におけるサイバー攻撃の被害実態やセキュリティ対策のニーズの把握や、インシデント発生時における支援体制の構築に向けた、実証を実施するもの。

事業にあたっては、公募より8事業者を採択。それぞれ独自性や地域に則した支援を展開する。具体的には、参加企業へのセキュリティ機器の配布や設置、サイバー攻撃の実態や対策状況など情報の収集、相談受付や対応窓口の設置、事後対応の支援、サイバー保険の検討など含まれる。

8事業者は対象地域となる8地域15府県において説明会を開催。各地域で100から200社程度の中小企業に対し参加を呼びかける。事業説明会は以下のとおり。

20190611_ip_001.jpg
実証の実施者および事業説明会の日程

(Security NEXT - 2019/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interop Tokyoの「Best of Show Award 2024」が発表
都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
中小規模製造業の工場におけるリスク対策を解説したハンドブック - JNSA
「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サービス類型
経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査
「WordPress」における不用意な露出に注意 - 攻撃の糸口となることも
「サイバーセキュリティ月間2024」がスタート - 「全員参加」を呼びかけ
ランサムウェア感染組織の平均被害金額は2386万円 - JNSA調査
ランサム被害、中小企業が6割弱 - 暗号化しない脅迫も