Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター

多摩北部医療センターの医師が利用するメールアカウントが不正アクセスを受けた問題で、医師が利用する業務用端末のマルウェア感染が原因であることが判明した。

当初、医師が利用する業務用端末や私用端末についてマルウェア感染の疑いが出ていたが、東京都保健医療公社によれば、その後の調査で医師が利用する業務用端末でメールの添付ファイルを開いたことにより、マルウェアに感染していたことが判明したという。

5月1日に受信したメールの添付ファイルを開封。「Emotet」の亜種と見られるマルウェアに感染した。マルウェアにより、端末のメールボックスに対するアクセスの痕跡が確認された。

窃取された情報は外部へ流出したと見られるが、暗号化されており、流出範囲の特定はできないという。メールボックスには患者情報が含まれる24件のメールが保存されていた。

(Security NEXT - 2019/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県