Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター

多摩北部医療センターの医師が利用するメールアカウントが不正アクセスを受けた問題で、医師が利用する業務用端末のマルウェア感染が原因であることが判明した。

当初、医師が利用する業務用端末や私用端末についてマルウェア感染の疑いが出ていたが、東京都保健医療公社によれば、その後の調査で医師が利用する業務用端末でメールの添付ファイルを開いたことにより、マルウェアに感染していたことが判明したという。

5月1日に受信したメールの添付ファイルを開封。「Emotet」の亜種と見られるマルウェアに感染した。マルウェアにより、端末のメールボックスに対するアクセスの痕跡が確認された。

窃取された情報は外部へ流出したと見られるが、暗号化されており、流出範囲の特定はできないという。メールボックスには患者情報が含まれる24件のメールが保存されていた。

(Security NEXT - 2019/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性