Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID

電通国際情報サービス(ISID)は、自組織や特定ドメインに関するインターネット上の脅威情報を提供する米SecurityScorecardのサービスを提供開始した。

今回提供を開始した「SecurityScorecard」は、組織のシステム情報やマルウェア関連情報など、サイバー攻撃につながりうる情報をインターネット上で収集。

自組織や指定したドメインの関連する情報を照会、分析して、「ネットワーク」や「アプリケーション」など項目ごとにスコア情報を提供する。

料金は、自社および5件のドメインをチェックできる年間ライセンスが270万円から。

(Security NEXT - 2019/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ