Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン

またエージェントを導入できない環境や企業ネットワーク向けにDNSおよびDHCPの機能を提供するアプライアンス「NetAttest D3」に同様の機能を搭載する計画だという。

料金は1ライセンスあたり月額194円。1ライセンスで4台まで利用できる。初期費用が別途必要。

(Security NEXT - 2019/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得