Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL 1.1.1c」「同1.1.0k」がリリース - 脆弱性やバグを修正

OpenSSLの開発チームは、脆弱性やバグへ対応した「OpenSSL 1.1.1c」「同1.1.0k」をリリースした。

今回のアップデートは、バグの修正を実施するとともに、3月にアドバイザリを公表した「CVE-2019-1543」を修正したもの。

同脆弱性は、認証付き暗号「AEAD(Authenticated Encryption with Associated Data)」である「ChaCha20-Poly1305」の実装における脆弱性。

外部アプリケーションから「OpenSSL」を利用する際、暗号化に用いる「ナンス」で12バイト以上の文字列を設定できるものの、12バイト以降を無視することが明らかとなった。脆弱性の重要度は4段階中もっとも低い「低(Low)」とレーティングされている。

「同1.0.2」系は同脆弱性の影響を受けない。今回「同1.1.1c」「同1.1.0k」とあわせて「同1.0.2s」がリリースされているが、バグへの対応のみでセキュリティに関する修正は含まれないという。

(Security NEXT - 2019/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性