Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL 1.1.1c」「同1.1.0k」がリリース - 脆弱性やバグを修正

OpenSSLの開発チームは、脆弱性やバグへ対応した「OpenSSL 1.1.1c」「同1.1.0k」をリリースした。

今回のアップデートは、バグの修正を実施するとともに、3月にアドバイザリを公表した「CVE-2019-1543」を修正したもの。

同脆弱性は、認証付き暗号「AEAD(Authenticated Encryption with Associated Data)」である「ChaCha20-Poly1305」の実装における脆弱性。

外部アプリケーションから「OpenSSL」を利用する際、暗号化に用いる「ナンス」で12バイト以上の文字列を設定できるものの、12バイト以降を無視することが明らかとなった。脆弱性の重要度は4段階中もっとも低い「低(Low)」とレーティングされている。

「同1.0.2」系は同脆弱性の影響を受けない。今回「同1.1.1c」「同1.1.0k」とあわせて「同1.0.2s」がリリースされているが、バグへの対応のみでセキュリティに関する修正は含まれないという。

(Security NEXT - 2019/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘