Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大

東京理科大学の一部サイトが不正アクセスを受け、学生や教員などサイトの利用者やイベント申込者などの個人情報が流出したことがわかった。

同大によれば、同大イノベーション研究科の学生と教員向けに提供していた専用サイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出したもの。

外部からメールアドレス1件とログインパスワードが流出しているとの情報提供が1月24日にあり、調査を行ったところ、同サイトのパスワードである可能性が高いことが判明。2月2日に同サイトを閉鎖した。

さらに別の組織より情報が寄せられ、ウェブサイトの構築を担当した委託先の調査で、2018年10月以前に在学生や卒業生、教員の一部が使用するメールアドレスとログインパスワードが流出した可能性が高いことが判明した。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
メルアカに不正アクセス、迷惑メールが送信 - 山口県信用保証協会
不正アクセスで個人情報が流出、スパム送信も - アイザワ証券子会社
RIZAPグループの夢展望子会社、公式サイトのドメインを奪われる
ディップの求人掲載企業に再び不正アクセス - 過去事案と同一犯の可能性
バッファロー製ルータでボット感染が増加 - 脆弱なパスワード設定に起因か
調味料通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
個情委見解受け再精査、個人情報流出の可能性ありと判断 - こころネット
「mixi」にPWリスト攻撃 - 2月から3月にかけて発生