Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大

東京理科大学の一部サイトが不正アクセスを受け、学生や教員などサイトの利用者やイベント申込者などの個人情報が流出したことがわかった。

同大によれば、同大イノベーション研究科の学生と教員向けに提供していた専用サイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出したもの。

外部からメールアドレス1件とログインパスワードが流出しているとの情報提供が1月24日にあり、調査を行ったところ、同サイトのパスワードである可能性が高いことが判明。2月2日に同サイトを閉鎖した。

さらに別の組織より情報が寄せられ、ウェブサイトの構築を担当した委託先の調査で、2018年10月以前に在学生や卒業生、教員の一部が使用するメールアドレスとログインパスワードが流出した可能性が高いことが判明した。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
パスワード管理ソフト「LastPass」に不正アクセス - 開発情報が流出
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
公式アプリで不正ログイン被害、PWリセットを実施 - ハードオフ
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス