Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ

脆弱性調査ツール「ZmEu」を用いて「phpMyAdmin」を探索する行為が多数確認されている。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、3月に同社マネージドセキュリティサービスにおいて「IPS」「IDS」により観測した攻撃の状況を取りまとめたもの。

同社によると、従来の傾向と変わらず、3月はNetis製やNetcore製ルータの脆弱性を狙う攻撃が多数観測された。全検出数の76.5%に達している。

多数を占めるこれら攻撃を除外すると、同月にもっとも多く検出されたのは脆弱性調査ツール「ZmEu」を用いた「phpMyAdmin」を探索する行為で、18.7%にのぼる。ピークを迎えた3月13日は、ポーランドのIPアドレスを発信元とする攻撃が多数を占めていたという。

「phpMyAdmin」は、データベースの管理に用いるオープンソースのソフトウェア。脆弱性を突かれた場合、データの漏洩や改ざん、滅失などにつながるおそれがある。同社では、2月にも「WordPress」で「phpmyadmin」を利用するためのプラグインに対する攻撃を多く観測しており、手法は違うものの、データベースが標的となっている傾向が浮かび上がる。

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
DDoS攻撃が前月から減少、最長だったのはmemcached反射攻撃 - IIJ調査
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も