Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通

ビジネスソフトウェア「SAP」が意図せず外部よりアクセス可能となっているケースが多数存在することがわかった。攻撃ツールもすでに公開されており、重大な影響を及ぼすおそれがある。

アクセス制限などが不十分な状態で意図せず外部に「SAP」製品のコンポーネントを公開しているケースがあるとして、米国のセキュリティ機関や関連ベンダーが注意喚起を行ったもの。

設定に問題があるシステムを侵害するためのエクスプロイト「10KBLAZE」が公開されていることが3月に判明。4月中旬に開催されたセキュリティカンファレンス「OPCDE」においても脆弱なシステムについてセキュリティ研究者より発表された。

3月に「10KBLAZE」について報告したOnapsisは、「SAP Business Suite」「SAP ERP」「SAP CRM」「SAP HCM」「SAP PLM」など、設定ミスによってエクスプロイトの影響を受けるシステムは約90万件にのぼると試算。データベースへのアクセスを許し、情報漏洩が生じたり、データが破壊されるなど、重大な被害につながるおそれもある。

(Security NEXT - 2019/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
ビデオ会議システムやルータへの脆弱性攻撃を国内で観測 - 警察庁
セキュリティソフト「Avast」に複数脆弱性 - 旧版利用者は注意
「SMBv3」に深刻な脆弱性「CVE-2020-0796」 - パッチは準備中
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み
オムロン製「PLC」に複数の脆弱性
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為