Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大

神奈川大学のメール管理システムで、ランサムウェアに感染する被害が発生したことがわかった。

同大によれば、教職員や在学生、卒業生などが利用する「JINDAIメールサービス」の管理システムが、4月9日にランサムウェアへ感染したもの。

同大は、被害に遭ったシステムを停止してネットワークから隔離。メールは利用できるものの、感染の影響からパスワードの変更や連絡用メールアドレスの設定などが行えなくなった。

被害に遭った管理システムのサーバ内には、氏名やメールアドレス、初期パスワードなどが格納されているという。

本誌取材に対し同大は、関係省庁に対して詳細を報告したとする一方、被害の内容について「セキュリティ対策に関連する」と説明。感染したランサムウェアの内容や復旧状況、被害に遭ったメール管理システム以外への影響などについてコメントを避けた。

(Security NEXT - 2019/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業