Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大

神奈川大学のメール管理システムで、ランサムウェアに感染する被害が発生したことがわかった。

同大によれば、教職員や在学生、卒業生などが利用する「JINDAIメールサービス」の管理システムが、4月9日にランサムウェアへ感染したもの。

同大は、被害に遭ったシステムを停止してネットワークから隔離。メールは利用できるものの、感染の影響からパスワードの変更や連絡用メールアドレスの設定などが行えなくなった。

被害に遭った管理システムのサーバ内には、氏名やメールアドレス、初期パスワードなどが格納されているという。

本誌取材に対し同大は、関係省庁に対して詳細を報告したとする一方、被害の内容について「セキュリティ対策に関連する」と説明。感染したランサムウェアの内容や復旧状況、被害に遭ったメール管理システム以外への影響などについてコメントを避けた。

(Security NEXT - 2019/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
欧米捜査機関、高級車乗り回すランサム関係者2人を逮捕 - 暗号資産も凍結
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託