Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大

神奈川大学のメール管理システムで、ランサムウェアに感染する被害が発生したことがわかった。

同大によれば、教職員や在学生、卒業生などが利用する「JINDAIメールサービス」の管理システムが、4月9日にランサムウェアへ感染したもの。

同大は、被害に遭ったシステムを停止してネットワークから隔離。メールは利用できるものの、感染の影響からパスワードの変更や連絡用メールアドレスの設定などが行えなくなった。

被害に遭った管理システムのサーバ内には、氏名やメールアドレス、初期パスワードなどが格納されているという。

本誌取材に対し同大は、関係省庁に対して詳細を報告したとする一方、被害の内容について「セキュリティ対策に関連する」と説明。感染したランサムウェアの内容や復旧状況、被害に遭ったメール管理システム以外への影響などについてコメントを避けた。

(Security NEXT - 2019/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
VPN脆弱性突かれてランサム被害、情報流出は確認されず - 伯東
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
委託先でランサム被害、影響は調査中 - 岸和田市