Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大

神奈川大学のメール管理システムで、ランサムウェアに感染する被害が発生したことがわかった。

同大によれば、教職員や在学生、卒業生などが利用する「JINDAIメールサービス」の管理システムが、4月9日にランサムウェアへ感染したもの。

同大は、被害に遭ったシステムを停止してネットワークから隔離。メールは利用できるものの、感染の影響からパスワードの変更や連絡用メールアドレスの設定などが行えなくなった。

被害に遭った管理システムのサーバ内には、氏名やメールアドレス、初期パスワードなどが格納されているという。

本誌取材に対し同大は、関係省庁に対して詳細を報告したとする一方、被害の内容について「セキュリティ対策に関連する」と説明。感染したランサムウェアの内容や復旧状況、被害に遭ったメール管理システム以外への影響などについてコメントを避けた。

(Security NEXT - 2019/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……