Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、JPRSに「.jp」ドメインの適切な管理を要請 - 不適切利用問題受け

属性型ドメインが無関係の組織に利用された問題を受け、総務省は、国別トップレベルドメイン「.jp」の管理を行う日本レジストリサービス(JPRS)に対し、同ドメインの適切な管理、運用を要請した。

2002年に山梨大学医学部として統合された旧山梨医科大学が以前に利用していたドメイン「yamanashi-med.ac.jp」が、まったく関係ない第三者によって取得され、アダルトサイトに利用される問題が発生したことを受けた措置。

本来「ac.jp」ドメインは、高等教育機関や学校法人のみに利用が制限されており、登録申請者は資格要件を満たしていなかったが、「.jp」ドメインの登録、管理業務を行う同社において、資格要件の確認もれがあったという。

総務省は、組織の種別ごとに区別された属性型ドメインについて、インターネット利用者は、ドメインを信頼した上で情報にアクセスしていると指摘。同社に対して「.jp」ドメインの信頼性確保に向けた取り組みの強化を要請した。

(Security NEXT - 2019/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に実証コード - 完全な対応には
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス