Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%

一方で「日本」は24%と調査対象国において突出して低い結果となった。ただし、あくまでも企業が検出した攻撃に関する回答であるため、実態とは異なる可能性も否定できない。

もっとも大きい被害について、20%は攻撃者の侵入経路を把握していなかった。また脅威の侵入から検知までの期間を把握していると回答した1744社の平均は13時間。

ランサムウェアなど、脅威の性質によって大きく変動するため、単純に比較できないが、「日本」に限定すると17時間で平均より長い結果となった。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ