Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査

検索サイトやSNSなど、オンラインのプラットフォーム提供事業者が個人情報を収集したり、利用することについて、利用者4人のうち3人が何らかの懸念を持っていることがわかった。

公正取引委員会が1月から実施しているデジタルプラットフォームサービスの利用者に対するアンケート調査の中間報告を取りまとめたもの。10代以上の利用者2000人が回答した。

同調査では、検索サイトやSNS、メッセージアプリ、ブログ、オンラインショッピングサイト、ネットオークション、フリマアプリなどを「デジタルプラットフォーム」、サービスの提供者を「デジタルプラットフォーマー」としている。

無料のデジタルプラットフォームサービスを利用、また利用した経験を持つ回答者は98.8%。そのうち79.7%は、サービスの利用時に自身の個人情報や利用データをプラットフォーマーへ提供している認識を持っていた。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
米政府、「PrintNightmare」で緊急指令 - 複数攻撃者が悪用
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委