Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も

2018年は、フィッシング攻撃が前年より36%増加したとの調査結果をウェブルートが取りまとめた。

同社がクラウド基盤で取得、分析した脅威情報に基づき、2018年の動向を取りまとめたもの。

2018年のフィッシング攻撃は、前年から36%の増加。攻撃対象となったセクターを見ると「金融機関」が77%を占めた。

「決済サービス」が4.8%、「暗号通貨」「小売」がそれぞれ2.5%、「政府機関」が2.3%で続く。そのほか、「SNS」や「医療機関」「宅配サービス」なども標的となった。

悪用されたブランドを見ると、「Google」が15.6%で最多。次いで「Microsoft(10%)」「Dropbox(9.8%)」が多く、さらに「PayPal(8.9%)」「Apple(8.2%)」が続いた。「Netflix」や「Amazon」「Target」など、2017年に見られなかった新しいブランドが上位20件に入っている。

20190418_wr_001.jpg
フィッシング攻撃の対象となった企業(グラフ:ウェブルート)

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ