Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も

また金融機関に対するフィッシング攻撃を中心に、暗号化通信である「HTTPS」を利用するケースが増えている。

同社によると、SunTrust Bankを装うフィッシング攻撃では、87%でHTTPS通信を利用。またBNP ParibasやWells Wargoといった金融機関を偽装したケースでも、それぞれ66%、47%と高い割合でHTTPSが使用されていた。

一方、悪用されたブランドとしてはもっとも割合が高かった「Google」では、17%にとどまったという。

同社は、フィッシングサイトでHTTPSを利用することにより、安全なウェブサイトを装っていると分析している。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング対策協議会、「フィッシング対策ガイドライン」を改訂
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
警察庁、サイバー被害のオンライン通報窓口を設置 - 相談なども対応
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増