Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー

リコーは、同社複合機向けに個人情報や機密情報のマスキングアプリを4月19日より提供開始する。

「RICOH カンタンマスキングアプリ」は、申請書など定型書類のスキャンやコピーにおけるマスキング作業を支援する複合機用アプリ。

運転免許証といった定型文書を取り扱う際、マスキングが必要な部分をあらかじめ登録しておくと、複合機で読み取りの際にマスキングして印刷できる。

また非定型文書の場合は、複合機のタッチパネル上で任意の箇所を手動でマスキングの対象とすることができる。

PDFによる出力機能も夏ごろに提供する予定。複合機1台ごとにライセンスが必要で、価格は10万8000円。

(Security NEXT - 2019/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キヤノンのSOHO向け複合機やプリンタに深刻な脆弱性
「生成AI」の出力コードに過信は禁物 - 安全性の確認を
住民票の誤交付問題で富士通Japanに行政指導 - 個情委
キヤノン製の小規模向け複合機やプリンタに複数脆弱性
個人情報をファックスで誤送信、スキャンの操作ミスで - 内子町
税金納付サイトを偽装するフィッシング - Vプリカ送付を要求
シャープのデジタル複合機に脆弱性 - 管理者PWの適切な管理を
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
京セラ製のプリンタや複合機に脆弱性 - リモートでPWなど取得可能
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性