Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始

参加者のスキルや特徴を踏まえ、能力を伸ばせるよう、5種類の指導コースを設置している。

開発の指導に特化した「開発駆動コース」をはじめ、アイデアを形にする過程で質を高める「表現駆動コース」、付加学習によって作品におけるアイデアの幅を広げる「学習駆動コース」を用意。

さらに問題を発掘し、鮮明化、解決手法の設計、実装のプロセスを学ぶ「思索駆動コース」、将来の研究者を育成する「研究駆動コース」から選択できる。

申し込み期限は4月16日。提示された課題の提出期限は4月19日で、合格者に対しては5月7日までに通知する。募集人数は40人程度。参加費用は約50万円で、学生は全額免除となる。

申し込みや詳細は「SecHack365」のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
若年層の発想力や研究開発力を育成する「SecHack365」が受講生募集を開始
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュキャン全国大会、週明け11日より募集開始
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大