Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に

2019年のセキュリティ対策ソリューションに対する世界全体の支出額は、前年比9.4%増の1031億ドルになるとの予測をIDC Japanが発表した。2022年には1338億ドルに達する見通しだという。

IDC Japanが、9地域43カ国において、20業界を対象に、2018年から2022年までのセキュリティ対策ソリューションに対する支出額を予測したもの。

2019年は前年比9.4%増の1031億ドルになると予測。対象期間における年間平均成長率は9.2%と分析。2022年には1338億ドルに達すると見ている。

支出額が大きいセクターは、「銀行」「組み立て製造業」「連邦、中央政府」。規制対象や機密性の高い情報を扱う業界が中心で、これら3業界をあわせた支出額は300億ドルを超える見通し。

年間平均成長率の予測では、「州、地方政府」が11.9%でもっとも高く、続く「通信(11.8%)」「資源産業(11.3%)」についても11%を超えるとしている。

(Security NEXT - 2019/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む