Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVIDIA、「Jetson TX1/TX2」向けにアップデート - 脆弱性13件に対処

NVIDIAは、「Jetson TX1」「同TX2」向けにセキュリティアップデートをリリースした。

今回のアップデートは、「NVIDIA Tegra Linux Driver Package(L4T)」における「Jetson TX1」「同TX2」の脆弱性あわせて13件に対処したもの。脆弱性を悪用されるとコードの実行や、サービス拒否、権限の昇格、情報漏洩などが生じるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システムである「CVSS v3」においてスコアが8.8とレーティングされた信頼できないポインタデリファレンスの脆弱性「CVE-2018-6269」をはじめ、重要度が4段階中2番目の「重要」にあたる脆弱性が8件含まれる。

同社では、脆弱性へ対処した「L4T Driver Package R28.3」を公開しており、ダウンロードして適用するよう呼びかけている。

20190404_nv_001.jpg
「Jetson TX1」「同TX2」において対象となる脆弱性とアップデート(表:NVIDIA)

(Security NEXT - 2019/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性