Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も

3月はフィッシング攻撃の勢いが前月から増している。フィッシングの報告はもちろん、URL、悪用されたブランドのいずれも前月を上回った。

フィッシング対策協議会によれば、3月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告は2352件。前月の2100件から252件増加し、8カ月ぶりに2000件を超えた前月をさらに上回る水準となった。

悪用されたURLは1238件で前月の1134件から104件増。2018年11月以降、5カ月連続で1000件を超えている。悪用されたブランド件数も40件と、前月から5件増加した。

同月も引き続き、「Amazon」「Apple」をかたるフィッシングメールが多数報告されている。金融機関についても、多くのブランドが悪用されている。

宅配業者をかたるフィッシングでは、フィッシングサイトへ誘導する前にiOSの構成プロファイルのインストールを促し、設定を変更させる手口が確認されているという。

20190403_ap_001.jpg
フィッシング攻撃の動向(フィ対協発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2019/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
勢い続くフィッシング攻撃 - ユニークURL、1日平均約270件