Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増

2018年における不正アクセスの認知件数は1486件で、前年を284件上回った。不正アクセス後の行為としては「情報の不正入手」が4分の1を占める。

総務省と経済産業省、および警察庁が2018年における不正アクセス行為の認知状況について取りまとめたもの。

認知件数には、不正アクセス被害の届け出を受理した場合のほか、余罪としてあらたな不正アクセス行為を確認した場合、報道を踏まえて不正アクセスの事実確認を行った場合、そのほか関係資料により不正アクセスの事実が確認できた場合が含まれる。

2018年の認知件数は1486件で、前年の1202件を284件上回った。不正アクセスを受けたコンピュータの管理者別認知件数では、「企業」が1314件、「大学、研究機関など」が161件、「行政機関など」が6件、「プロバイダ」が4件だった。

20190328_np_002.jpg
不正アクセスの認知件数(グラフ:総務省)

(Security NEXT - 2019/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査