Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増

2018年における不正アクセスの認知件数は1486件で、前年を284件上回った。不正アクセス後の行為としては「情報の不正入手」が4分の1を占める。

総務省と経済産業省、および警察庁が2018年における不正アクセス行為の認知状況について取りまとめたもの。

認知件数には、不正アクセス被害の届け出を受理した場合のほか、余罪としてあらたな不正アクセス行為を確認した場合、報道を踏まえて不正アクセスの事実確認を行った場合、そのほか関係資料により不正アクセスの事実が確認できた場合が含まれる。

2018年の認知件数は1486件で、前年の1202件を284件上回った。不正アクセスを受けたコンピュータの管理者別認知件数では、「企業」が1314件、「大学、研究機関など」が161件、「行政機関など」が6件、「プロバイダ」が4件だった。

20190328_np_002.jpg
不正アクセスの認知件数(グラフ:総務省)

(Security NEXT - 2019/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害