Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能

アルプスシステムインテグレーションは、情報漏洩対策ソリューションの新版「InterSafe ILP Ver.6.5」を提供開始した。

同製品は、ファイルの自動暗号化ソフト「InterSafe FileProtection」をはじめ、デバイス制御や持ち出し申請、暗号化USBメモリの作成などのソフトウェアを含むセキュリティ対策ソリューション。

今回のバージョンアップでは、不審な操作を知らせる「ログアラート機能」を追加。大量のファイルに対して暗号化を解除した場合や、USBメモリへ書き出した場合など、特定の操作ログがしきい値を超えた際に通知する。

また、SBC(Server Based Computing)方式の仮想環境に対応したファイル暗号化機能を「FileProtection」を向けに提供。

さらに開発キット「FileProtection SDK」をオプションに用意。既存システムへの組み込みや、セキュリティ対策製品との連携を強化した。

暗号化の対象アプリケーションに「Office2019」「一太郎Pro4」を追加したほか、USBメモリの登録上限数をこれまでの500本から3000本に拡大した。

(Security NEXT - 2019/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機