Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能

アルプスシステムインテグレーションは、情報漏洩対策ソリューションの新版「InterSafe ILP Ver.6.5」を提供開始した。

同製品は、ファイルの自動暗号化ソフト「InterSafe FileProtection」をはじめ、デバイス制御や持ち出し申請、暗号化USBメモリの作成などのソフトウェアを含むセキュリティ対策ソリューション。

今回のバージョンアップでは、不審な操作を知らせる「ログアラート機能」を追加。大量のファイルに対して暗号化を解除した場合や、USBメモリへ書き出した場合など、特定の操作ログがしきい値を超えた際に通知する。

また、SBC(Server Based Computing)方式の仮想環境に対応したファイル暗号化機能を「FileProtection」を向けに提供。

さらに開発キット「FileProtection SDK」をオプションに用意。既存システムへの組み込みや、セキュリティ対策製品との連携を強化した。

暗号化の対象アプリケーションに「Office2019」「一太郎Pro4」を追加したほか、USBメモリの登録上限数をこれまでの500本から3000本に拡大した。

(Security NEXT - 2019/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
ランサム被害による子会社情報の流出を確認 - 綜研化学
個人情報含むファイル1369件で権限不備、外部アクセス可能に - エイチーム
「Proself」に対するゼロデイ攻撃で情報流出被害 - 国立環境研究所
体臭関連製品扱う通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
一部製品にユーザー情報が混入、利用者へ展開 - チエル
飼い主の個人情報が動物病院に漏洩 - ペットフードメーカー
顧客情報含むリストを誤送信、同姓の別人に - ニッカトー
自動送信ログに個人情報含む不具合 - パナソニック製カーナビ
保安手続の電子申請システムで事業者情報を誤表示 - 改修不備で