Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WinRAR」が19年来の脆弱性を修正 - 公表後に悪用も

RARLAB製のアーカイブツール「WinRAR」にリモートよりコードが実行可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。悪用も確認されている。

ACE形式のアーカイブファイルを取り扱う際に同ソフトで用いるライブラリファイル「unacev2.dll」にパストラバーサルの脆弱性「CVE-2018-20250」が判明したもの。ファイル解凍時に任意の場所へファイルを作成することができ、結果としてリモートでコードを実行されるおそれがある。

同ソフトでは拡張子ではなくファイルの内容によってファイルの種類を判断し、処理を行うため、拡張子を「RAR」などに偽装し、攻撃に悪用することも可能だという。

同脆弱性は、Check Point Software Technologiesが発見、報告したもので、19年以上前から存在していた。

(Security NEXT - 2019/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ