Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むメールを県内校へ誤送信 - 宮城県

宮城県は、県内にある複数の専修学校へ誤って送信したメールに無関係の個人情報が記載されていたことを公表した。

同県によれば、2月14日9時ごろ庁内の業務連絡をメールで行う際、送信ミスがあったという。

県内の私立学校におけるインフルエンザの発生状況について、担当部署へメールで報告する際、誤って宛先に県内専修学校56校を指定してしまったという。

問題のメールには、インフルエンザの発生を報告した私立校の担当者氏名が含まれており、メールを受信した専修学校から連絡でミスが判明。事態を公表した。

同県では、担当者が所属する私立校に電話で謝罪。送信先となった専修学校に対しても謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本