Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ

DNSサーバ「BIND 9」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。開発元や関連機関では注意を呼びかけている。

EDNSオプションにおける特定の組み合わせを処理した場合にメモリリークが生じて「BIND」や設定によってはシステムのメモリが枯渇し、サービス拒否に陥るおそれがある「CVE-2018-5744」が明らかとなったもの。

リモートより攻撃することが可能で「権威DNSサーバ」「キャッシュDNSサーバ」の双方に影響がある。悪用は確認されていない。重要度は4段階中2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。

また外部データベースを利用してゾーンデータを扱う「DLZ(Dynamically Loadable Zones)」を利用した場合に、転送許可されていない場合でもゾーン転送が行われ、ゾーンデータが流出するおそれがある「CVE-2019-6465」が判明。

さらに攻撃者が用意したキーを読み込ませる必要があるため、悪用は難しいと見られるが、DNSSECにおけるトラストアンカーの管理に用いる「managed-keys」の処理でクラッシュし、サービス拒否が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2018-5745」が明らかとなった。

「CVE-2019-6465」「CVE-2018-5745」の重要度は、1段階低く、上から3番目にあたる「中(Medium)」とレーティングされている。悪用は確認されていない。

Internet Systems Consortium(ISC)は、これら脆弱性に対処した「同9.12.3-P4」「同9.11.5-P4」をリリース。日本レジストリサービス(JPRS)をはじめ、関係機関では注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2019/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3月のMS月例パッチ、産業制御システムへの影響に注意を
「Spring Framework」に複数の脆弱性 - 重要度「Critical」も
Apple、「iOS/iPadOS 16.4」を公開 - 「同15.7.4」も同時リリース
Windowsの「Snipping Tool」にアップデート - 加工前に復元できる脆弱性
「OpenSSL」に脆弱性、重要度低く今後修正予定
MLOpsプラットフォーム「MLflow」に深刻な脆弱性
「Microsoft Edge 111.0.1661.54」がリリースに - 独自に脆弱性2件を修正
「JavaScript」のランタイム環境「Deno」に脆弱性
「Chrome」にセキュリティアップデート - 8件の修正を実施
IoT機器ファームウェアのOSS構成分析ツール - バイナリにも対応