Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も

APTグループ「Tick」が関係すると見られる攻撃活動が2018年以降も観測されている。国内組織に対して引き続き攻撃を展開しており、JPCERTコーディネーションセンターが注意を呼びかけた。

20190222_jp_002.jpg
JPCERT/CCが公表したマルウェアの通信先

同グループは、「BRONZE BUTLER」といった名称でも知られ、国内企業の知的財産などを狙って活動する攻撃グループ。

2016年ごろより活動が知られるようになったが、同センターの調査によれば、2018年以降も同グループが関与したと見られる標的型攻撃や、脆弱性攻撃が継続的に観測されているという。

同グループでは、マルウェア「Datper」の感染活動を展開しているが、従来のドライブバイダウンロード攻撃から、メールによる標的型攻撃へシフト。添付ファイルを用いてマルウェアへ感染させようとしていた。

マルウェアそのものも進化しており、2018年2月以前であれば、データの送受信にハードコードされた固定のRC4キーを暗号化に用いていたため、通信内容を解読できたが、3月以降はランダムなRC4キーとRSA暗号を用いるよう変更されるなど巧妙化した。

(Security NEXT - 2019/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請