Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT

情報通信研究機構(NICT)は、25歳以下のセキュリティ研究者や開発者の育成を目的としたプログラム「SecHack365」の成果発表会を3月8日に都内で開催する。

「SecHack365」は、セキュリティ技術の開発や研究に取り組む25歳以下の学生や社会人を対象とした人材育成プログラム。2017年度よりスタートした。

2018年度に実施したトレーニングの成果報告として、参加者が取り組んだプロジェクトや作品を発表するもので、優秀作品6点を選出。プレゼンテーションが実施される。

また会場には展示コーナーを設置。参加者による作品の解説やデモを行うほか、トレーナーによる振り返りや、今後の取り組みなどを語るパネルディスカッションなども予定している。

会場は、アキバスクエア。詳細や参加の申し込みは同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター