Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「McAfee DXL」に複数の脆弱性 - サービス拒否や情報漏洩のおそれ

セキュリティ製品を統合する「McAfee Data Exchange Layer(DXL)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品の「DXLブローカープラットフォーム4.1.2」および以前のバージョンが、2018年8月に明らかとなったIPフラグメントの処理に起因してサービス拒否に陥るおそれがあるLinuxカーネルの脆弱性「CVE-2018-5391」や、「OpenSSH」における情報漏洩の脆弱性「CVE-2018-15473」の影響を受けることが明らかとなったもの。

さらにサイドチャネル攻撃を受け、プライベートキーを復元されるおそれがあるOpenSSLの脆弱性「CVE-2018-0737」も含まれるという。

同社は、DXLブローカーアプライアンス上のライブラリを更新するホットフィクスを用意。回避策はなく、「同4.1.2 HF1 Version 4.1.2.115」へアップデートすることを強く推奨している。

(Security NEXT - 2019/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も