Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」より、約480万件の顧客情報が流出した問題で、オージス総研はあらたに流出が判明した情報について明らかにした。

これまで氏名や都道府県、生年月日、性別、業種、職種、ログイン用に用いるメールアドレスやパスワードなどが流出したことがわかっているが、あらたに流出を確認した情報を追加したもの。

ログイン用以外に登録したメールアドレスのほか、2005年から2012年までに回答した居住地の郵便番号や勤務先の都道府県、郵便番号が含まれる。また配偶者や子どもの状況など、選択肢より選んだ「番号」についても流出したという。

同社では、1月29日よりあらたにフリーダイアルの窓口を追加し、顧客対応を強化した。

またIDやパスワードの使い回しなど行っている場合は変更するよう求めるとともに、同サービスを装い、パスワードの再発行や口座番号の確認にみせかけたフィッシングメールなどへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
スキンケア用ソルトのオンラインショップに不正アクセス