Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」より、約480万件の顧客情報が流出した問題で、オージス総研はあらたに流出が判明した情報について明らかにした。

これまで氏名や都道府県、生年月日、性別、業種、職種、ログイン用に用いるメールアドレスやパスワードなどが流出したことがわかっているが、あらたに流出を確認した情報を追加したもの。

ログイン用以外に登録したメールアドレスのほか、2005年から2012年までに回答した居住地の郵便番号や勤務先の都道府県、郵便番号が含まれる。また配偶者や子どもの状況など、選択肢より選んだ「番号」についても流出したという。

同社では、1月29日よりあらたにフリーダイアルの窓口を追加し、顧客対応を強化した。

またIDやパスワードの使い回しなど行っている場合は変更するよう求めるとともに、同サービスを装い、パスワードの再発行や口座番号の確認にみせかけたフィッシングメールなどへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
不正アクセスでメアド流出の可能性 - 岡山県医師会
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓
インテリア雑貨ショップに不正アクセス - クレカ情報2763件が流出した可能性
パートナー企業の不正アクセスで顧客情報流出 - ラクスル
SQLi攻撃でメールアドレスが流出か - アウトドア用品企画会社