Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」より、約480万件の顧客情報が流出したことがわかった。

同サービスを運営するオージス総研では、不正アクセスを受けた可能性があるとして、同サービスを一時停止、事態を公表していたが、その後の調査で情報が流出していたことが判明した。

同社によると、1月22日午前中に本来存在しない不正なファイルを同サービスのサーバ内で発見。調査を進めるなか、同日19時に不審なアクセスログを確認、翌23日に同サービスを停止した。

同月25日15時半に顧客情報約480万件の流出を確認。流出したデータには、同サービスの利用者に関する氏名や都道府県、生年月日、性別、業種、職種、ログイン用のメールアドレス、パスワードなどが含まれる。同サービスより退会している場合も影響を受けた可能性があるという。

(Security NEXT - 2019/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
サーファー向け情報サイトでパスワードなど流出
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
つり番組サイトに不正アクセス - 「脆弱性診断ツール」を悪用か
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
学研の電子書籍配信サービスに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
しょうが関連製品通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも