Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」より、約480万件の顧客情報が流出したことがわかった。

同サービスを運営するオージス総研では、不正アクセスを受けた可能性があるとして、同サービスを一時停止、事態を公表していたが、その後の調査で情報が流出していたことが判明した。

同社によると、1月22日午前中に本来存在しない不正なファイルを同サービスのサーバ内で発見。調査を進めるなか、同日19時に不審なアクセスログを確認、翌23日に同サービスを停止した。

同月25日15時半に顧客情報約480万件の流出を確認。流出したデータには、同サービスの利用者に関する氏名や都道府県、生年月日、性別、業種、職種、ログイン用のメールアドレス、パスワードなどが含まれる。同サービスより退会している場合も影響を受けた可能性があるという。

(Security NEXT - 2019/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が被害
人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
石井スポーツ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
フォトブックサービスに不正アクセス - クレカ情報約1.5万件が流出か
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
旧通販サイトでクレカ情報流出、原因は「Heartbleed」 - スイーツ通販サイト
熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性