Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」より、約480万件の顧客情報が流出したことがわかった。

同サービスを運営するオージス総研では、不正アクセスを受けた可能性があるとして、同サービスを一時停止、事態を公表していたが、その後の調査で情報が流出していたことが判明した。

同社によると、1月22日午前中に本来存在しない不正なファイルを同サービスのサーバ内で発見。調査を進めるなか、同日19時に不審なアクセスログを確認、翌23日に同サービスを停止した。

同月25日15時半に顧客情報約480万件の流出を確認。流出したデータには、同サービスの利用者に関する氏名や都道府県、生年月日、性別、業種、職種、ログイン用のメールアドレス、パスワードなどが含まれる。同サービスより退会している場合も影響を受けた可能性があるという。

(Security NEXT - 2019/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
スニーカーフリマアプリで個人情報275万件が流出か
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明