Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認

同社では対象となる顧客に対し、メールで事情を説明。同サービスで利用していたアカウント情報を他サービスで使い回している場合は、変更してほしいと利用者へ注意を呼びかけている。

また1月13日以降にファイルの送信に同サービスを利用した場合、ファイルが届いていない可能性があるとしてあわせて確認するようアナウンスした。

現時点で、サービスが再開するめどは立っていないと説明。同サービス経由でファイルをダウンロードしたり、登録されているアドレス帳の情報についても確認できない状態となっている。

同社では引き続き調査を行い、詳細が判明次第公開していく方針。法人向けに提供している「オフィス宅ふぁいる便」については、別のシステムで運用しており、影響はないとしている。

(Security NEXT - 2019/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス