Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も

米FireEyeは、メールセキュリティ製品「Eメール・セキュリティServerエディション」の新版を発表した。

今回発表した「同8.2」では、メールに含まれるすべてのURLを書き換えることで、悪意あるリンクから保護。

ファイルのパスワードとして画像ファイルを添付する手口に対し、画像認識で文字列を画像ファイルより抽出し、パスワードが設定されたファイルを解析できるようになった。

また機械学習より作成したマルウェア検知エンジン「MalwareGuard」を搭載。「ビジネスメール詐欺(BEC)」対策として、メールの送信者名やヘッダーのなりすましを検知する機能を追加している。

(Security NEXT - 2019/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
郵送チケットに宛名と別人の氏名など記載 - アパレル会社
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査