Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり

ランサムウェア「PyLocky」の被害者向けに、無料で利用できる復号化ツール「PyLocky Decryptor」が提供されている。ただし、復号には感染初期のトラフィックデータが必要になるという。

「PyLocky」は、「Python」で開発されたランサムウェア。ランサムウェア「Locky」を模倣して作成されたもので、利用者の意図に反して端末内のファイルを暗号化。復号化を交換条件に金銭を要求する。

今回、同マルウェアの被害者向けにCisco SystemsのTalosセキュリティインテリジェンス&リサーチグループが復号化ツールを開発、GitHub上で公開した。

ただし、同ツールを用いて復号するには条件があり、暗号化に用いる初期化ベクトルとパスワードを感染の初期段階で外部コマンド&コントロール(C&C)サーバに送信するため、これらトラフィックをキャプチャしたデータが必要だとしている。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA