Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出

12月6日にソフトバンクの携帯電話サービスで大規模な通信障害が発生した問題で、同社は電気通信事業法に基づき、総務省へ事故報告書を提出した。

問題となる障害は、12月6日13時半過ぎから同日18時過ぎにかけて約4時間半にわたり発生したもの。

ソフトバンクおよびワイモバイルの4G携帯電話サービスと、固定電話サービス「おうちのでんわ」などが影響を受けた。同社はEricsson製のパケット交換機が原因だったと説明している。

同省では、同社より受領した報告書の内容を精査。さらに1月中旬に予定されている「電気通信事故検証会議」の検証を踏まえた上で対応を決定するとしている。

(Security NEXT - 2018/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも