Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出

12月6日にソフトバンクの携帯電話サービスで大規模な通信障害が発生した問題で、同社は電気通信事業法に基づき、総務省へ事故報告書を提出した。

問題となる障害は、12月6日13時半過ぎから同日18時過ぎにかけて約4時間半にわたり発生したもの。

ソフトバンクおよびワイモバイルの4G携帯電話サービスと、固定電話サービス「おうちのでんわ」などが影響を受けた。同社はEricsson製のパケット交換機が原因だったと説明している。

同省では、同社より受領した報告書の内容を精査。さらに1月中旬に予定されている「電気通信事故検証会議」の検証を踏まえた上で対応を決定するとしている。

(Security NEXT - 2018/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、内部に業務情報 - 放送映画製作所
ランサム被害、機密情報を閲覧された可能性 - オーディオテクニカ
サーバが暗号化被害、内部に顧客情報 - 加工食品メーカー
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
セブンイレブンのマルチコピー機で一時障害 - 行政サービスに影響
渋谷区公式サイトで閲覧障害 - ネット活動家による犯行声明も