Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PayPayでセキュリティコード20回以上入力は13件、9件は本人 - 外部でクレカ情報入手か

スマートフォンを利用した決済サービスを提供するPayPayは、クレジットカードの不正利用被害が生じた原因について、外部で流出したクレジットカード情報が悪用されたものとの見方を示した。同社は不正利用を補償し、3Dセキュアへ対応する予定だという。

同社決済サービスにおいて、不正利用の報告が相次ぎ、さらに同社アプリでセキュリティコードの入力回数が制限されていないことが原因ではないかとの指摘を受け、同社ではセキュリティコードの入力回数を制限するアップデートを実施するなど対応を進めていた。

一連の問題を受け、同社が調査を進めたところ、クレジットカードが登録された際、セキュリティコードが20回以上入力されたケースは、サービス開始以来13件にとどまり、そのうち9件は本人による入力だったことが判明したという。

調査結果を受け、同社はクレジットカードの不正利用について、同社以外で入手されたクレジットカード情報が悪用された可能性が高いと説明。不正利用への対策として本人認証を追加する。

(Security NEXT - 2018/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も