Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、情報セキュリティの向上に貢献した個人や団体を表彰する「JNSA賞」の受賞者を発表した。

情報セキュリティの向上や同団体の知名度向上に寄与した個人、団体、JNSAワーキンググループなどを表彰する取り組みで2006年より実施している。今回は10月より候補者を自薦および他薦で募集。12月の最終選考会で受賞者を決定した。

ワーキンググループでは、「セキュリティ動静マップ」「セキュリティ対応組織の教科書」「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」などの改訂を行った日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)と、CISOの業務についての見解をまとめた「CISOハンドブック」を作成したCISO支援WGが受賞した。

個人では、JNSAが公開している「ソリューションガイド」サイトを企画、運営するWGのリーダーとして活動を牽引したアズジェントの秋山貴彦氏を選出した。

また「Black Hat USA 2018」においてインシデント対応のトレーニングプログラムの講師を務めたほか、FIRSTでの活動など世界のセキュリティ産業における日本の地位向上に貢献したとして、インターネットイニシアティブ(IIJ)の鈴木博志氏、梨和久雄氏、六田佳祐氏に特別賞が贈られた。

(Security NEXT - 2018/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

専門学生対象のセキュリティコンテスト - 課題はサイトの脆弱性調査
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
セキュリティに関する総務大臣奨励賞 - 募集を開始
サイバー防御力競う「ハードニング競技会」がグッドデザイン賞
EC-CUBEが新版公開に向けてバグバウンティを開催中 - 脆弱性診断にはないメリットも
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大