Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

恥ずかし画像で不安煽る詐欺メール、送信元を情セ大に偽装

受信者の端末にマルウェアを感染させ、不都合な画像を撮影したなどとだまし、金銭を要求する詐欺メールが出回っているが、送信元として「情報セキュリティ大学院大学」を名乗るケースが確認された。

同大によれば、同大を送信元に偽装した詐欺メールが送信されたとの報告を12月18日に多数受けたという。

問題のメールでは、「数カ月前にメールのデバイスをクラックしたハッカー」などと名乗り、あたかも受信者の端末へトロイの木馬に感染させたかのように主張。アダルトサイトを閲覧している姿をカメラで撮影したなどと脅し、データやマルウェアを削除するなどとして、555米ドル相当のBitcoinを送金するよう求めている。

インターネット上に流出したと見られるパスワードを記載することで実際に端末を侵害したかのように見せかけ、受信者を信じ込ませるソーシャルエンジニアリングのテクニックを用いていた。

同大が示した詐欺メールのサンプルに記載された振込先のBitcoinアドレスには、12月21日の時点で3件のトランザクションが記録されており、0.316ビットコインが送金された形跡が見られた。

同大を名乗るケースに限らず、類似した詐欺メールは多数確認されているが、最近は証拠画像などと称してファイルをダウンロードさせ、ランサムウェアに感染させる手口も確認されており、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2018/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「信用情報を回復する」 - NTTセキュリティ関係者装うメールに注意
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
App Storeに「VPNアプリ」と見せかけた詐欺アプリ
すぐ返信も届く日本語BEC、国内攻撃本格化の兆候か
【加筆訂正あり】検索結果に紛れ込む「偽Zoom」にご用心