Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ

日立ソリューションズは、同社セキュリティソリューション「秘文」のラインアップにクラウドサービスを追加し、提供開始した。

「秘文Endpoint Protection Service」は、「秘文」のエンドポイントセキュリティ機能をクラウドサービスとして提供するもの。システム管理者が、機密データの暗号化やUSBメモリの制御など、必要とする機能をメニューより選択。同社が作成したクライアントソフトをユーザーのパソコンにインストールすることで導入できる。

導入にあたり、サーバの構築、セキュリティポリシーの設計や設定、障害監視、脆弱性への対応、バックアップなどを同社が代行する。

また更新プログラムについては、「Windows Server Update Services」へ登録することで、Microsoft Updateと統合、自動インストールに対応。同機能は、、「秘文Device Control」「秘文Data Encryption」「秘文Data Protection」に対しても提供する。

年額利用料は、500台を導入する場合で1台あたり6480円。

(Security NEXT - 2018/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ