Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ

日立ソリューションズは、同社セキュリティソリューション「秘文」のラインアップにクラウドサービスを追加し、提供開始した。

「秘文Endpoint Protection Service」は、「秘文」のエンドポイントセキュリティ機能をクラウドサービスとして提供するもの。システム管理者が、機密データの暗号化やUSBメモリの制御など、必要とする機能をメニューより選択。同社が作成したクライアントソフトをユーザーのパソコンにインストールすることで導入できる。

導入にあたり、サーバの構築、セキュリティポリシーの設計や設定、障害監視、脆弱性への対応、バックアップなどを同社が代行する。

また更新プログラムについては、「Windows Server Update Services」へ登録することで、Microsoft Updateと統合、自動インストールに対応。同機能は、、「秘文Device Control」「秘文Data Encryption」「秘文Data Protection」に対しても提供する。

年額利用料は、500台を導入する場合で1台あたり6480円。

(Security NEXT - 2018/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始