Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン

システムズ・デザインにおいて、国税局の受託業務でマイナンバーを含む個人情報のデータ入力を不適切に再委託していた問題で、国税局以外の受託業務でも約171万件を不正に再委託していたことがわかった。

国税局よりマイナンバーを含むデータの入力業務を受託していたが、国税局の監査により、法令や契約に反して外部へ業務を再委託していたことが判明。同社では調査委員会を設置して内部調査を進めていた。

その後の調査で、国税局以外から受託したマイナンバーが記載された可能性がある185万7582件のデータ入力業務において、171万2580件が法令や契約に反して外部へ再委託していたことが判明した。

再委託先からの情報流出や不正利用については確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2018/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市