Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始

BOSS-CON JAPAN PHP技術者認定機構は、ウェブセキュリティにおける知見などを問う試験を2019年12月より開始すると発表した。

同団体によれば、同試験は開発者におけるウェブセキュリティへの意識や知見の向上を目指し、企画したもの。EGセキュアソリューションズの代表取締役である徳丸浩氏が監修を務め、試験問題についても、EGセキュアソリューションズが作成する。試験名は仮称だが、通称「徳丸試験」と名付けられている。

最低限のセキュアプログラミングを身につけたか問う内容となる見込みで、試験のメニューは基礎的な知見を問う「ウェブ・セキュリティ基礎試験」を2019年12月より実施。また実施時期は未定だが、実務知識を問う「ウェブ・セキュリティ実務知識試験」についても実施するとしている。

試験の設問数は40問で、正答率70%以上で合格となる。試験に先立ち、2019年夏ごろを目処にベータ試験を開催する予定。

(Security NEXT - 2018/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定