Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似

「Adobe Flash Player」にあらたな脆弱性が判明し、定例外アップデートが公開されたが、ゼロデイ攻撃にはWordファイルが用いられ、最終的に感染するマルウェアは、伊Hacking Teamの手法と類似したコードが用いられていることがわかった。

今回の脆弱性をAdobe Systemsへ報告したQihoo 360によれば、問題のエクスプロイトは、11月29日にウクライナのIPアドレスからVirusTotalに提出されたものだという。ロシア語で記載されたWordファイルで、JPEGファイルとともにRARファイルとして展開されたものと見られている。

同じく脆弱性を報告したGigamonがエクスプロイトとして利用されたWordファイルを分析したところ、モスクワにある医療機関のロゴなどを悪用。雇用申請書を装っていることが判明した。

Wordファイルへ「Active X」を埋め込む手口で、ファイルを誤って開くと解放後メモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性「CVE 2018-15982」を悪用してコードを実行。JPEGファイルはRARファイルを含んでおり、同ファイルより「リモートアクセスツール(RAT)」を抽出し、実行するしくみだった。

20181207_ch_001.jpg
攻撃の流れ(画像:Qihoo 360)

(Security NEXT - 2018/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃が発生、早急に対応を
Apple、macOS向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性3件に対処