Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK

NHKは、取材音声ファイルを制作過程で誤送信した事故を受け、ディレクター含む8人に対し、11月21日付けで懲戒処分を実施した。

札幌放送局では、宗教団体「アレフ」について取材していたディレクターが、取材音声を文字に書き起こすため、委託業者へ11月1日にメールで送信したところ、同団体に対しても誤ってメールを送信したという。

問題のメールには、取材に応じた住民のインタビューの音声ファイルをダウンロードできるURLが記載されていた。

「アレフ」は、オウム真理教の後継団体で、団体規制法の観察処分の対象となっている。同局では取材協力者に多大な不安をいだかせたとして、同ディレクターを停職1カ月の処分としたほか、チーフプロデューサーなど4人を出勤停止や減給処分、局長を譴責とした。

また11月9日から10日にかけて委託会社のディレクターが、放送素材のデータをダウンロードするためのURLを含むメールを、第三者へ誤って送信するミスが発生。

問題のファイルには、スタジオ出演者や街頭インタビューに応じた一般視聴者あわせて33人の映像と音声が含まれていた。同局では制作局のチーフプロデューサーに対し減給処分を実施。ほか2人も譴責処分とした。

これら問題を受けて同局は、再発防止に取り組み、情報管理の厳格化に努めたいとコメントしている。

(Security NEXT - 2018/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局