Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用

インターネット上で窃取されたクレジットカード情報が、旅行関連の不正決済に悪用されるケースが多いとして日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が注意喚起を行った。

フィッシングメールやマルウェアなどを通じて不正に取得したクレジットカード情報を用いて、航空券や宿泊施設、テーマパークのチケットなどの購入に悪用する「不正トラベル」を多数確認しているとして注意を呼びかけたもの。

同センターによれば、犯行グループは日本国内の旅行に詳しい旅行代理店を偽装。割引などもちらつかせ、訪日希望の旅行者を誘引。

旅行の申込者に対して、窃取したクレジットカード情報で決済し、旅行を手配。その際に得た予約情報を旅行者に伝えて正規の予約を行ったと信じさせ、料金をだまし取っていた。

20181019_jc_001.jpg
「不正トラベル」の流れ(図:JC3)

(Security NEXT - 2018/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験