Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用

インターネット上で窃取されたクレジットカード情報が、旅行関連の不正決済に悪用されるケースが多いとして日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が注意喚起を行った。

フィッシングメールやマルウェアなどを通じて不正に取得したクレジットカード情報を用いて、航空券や宿泊施設、テーマパークのチケットなどの購入に悪用する「不正トラベル」を多数確認しているとして注意を呼びかけたもの。

同センターによれば、犯行グループは日本国内の旅行に詳しい旅行代理店を偽装。割引などもちらつかせ、訪日希望の旅行者を誘引。

旅行の申込者に対して、窃取したクレジットカード情報で決済し、旅行を手配。その際に得た予約情報を旅行者に伝えて正規の予約を行ったと信じさせ、料金をだまし取っていた。

20181019_jc_001.jpg
「不正トラベル」の流れ(図:JC3)

(Security NEXT - 2018/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
ラスクショップに不正アクセス - 流出クレカ情報が不正利用の可能性