Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件

同期間に報告があった特定個人情報の漏洩は157件。事業者において誤ってマイナンバーを収集した事例が多い。

重大な事態に当てはまるケースは2件。行政機関がウェブサイトに1件のマイナンバーを誤って掲載し、閲覧されたケースや、約170人分のマイナンバーが記載された書類を事業者が紛失したケースが報告された。

マイナンバー法に基づく指導や助言は23件。同法に基づく立入検査を、行政機関3件、地方公共団体21件で実施し、改善を求めている。

20181016_po_002.jpg
マイナンバーに関する事故報告や立ち入り検査の状況(表:個人情報保護委員会)

(Security NEXT - 2018/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委