Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性

SEO支援ツールなどを提供する「MIERUCA」が不正アクセスを受け、一部顧客情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サービスを運営するFaber Companyによれば、9月28日18時ごろから10月2日23時ごろにかけて、同サービスの一部サーバが不正アクセスを受けたもの。

10月2日17時過ぎにサーバの管理会社から不正アクセスを検知したとの報告を受け、問題が発覚。調査を行ったところ、サーバの一部ソフトウェアを通じて同サービスを利用する1585アカウントの顧客情報が外部へ流出した可能性があることが判明した。

顧客情報には、氏名やメールアドレス、ハッシュ化されたパスワードのほか、会社名、所属、アクセスデータなどが含まれるという。

(Security NEXT - 2018/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工